歯が痛いケースの原因と治療法

虫歯になっているケース

歯が虫歯になって、歯の中の神経を刺激することで痛みがでているケースです。
虫歯を取り除き、修復することで改善しますが、虫歯が神経まで到達している場合、神経を取り除く治療になる可能性があります。

視診とレントゲン診査によって診断します。

根の病気になっているケース

歯の根がばい菌に感染して痛むケースがあります。
冷たいものや温かいものがしみたりはしませんが、噛むと痛みが増したり、歯茎を押すと痛みがあったりします。
根の治療をする必要があります。

歯周病により痛んでいるケース

歯の周り、歯茎や骨が問題を起こして痛んでいるケースです。
歯茎が赤くなったり、腫れたり、膿が出たりします。病状が進んでいると、歯がグラグラしていることもあります。
歯周病の治療が必要です。

 

噛み合わせの問題で痛むケース

くいしばりや歯ぎしりによって、過度な力がかかり、打撲に似た形で痛みがでることがあります。
歯が割れたりしていない限り、安静にすることで消退しますが、歯並びや噛み合わせなどの確認をしておく必要があります。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP