.

「何となく不安」で諦めるのはもったいない

インプラントが不安な理由

なぜ不安を感じるのでしょう?

インプラント治療について、漠然と「怖い」とか「痛そう」といった不安を感じて、治療を諦める方が多くいらっしゃいます。そう感じるのも無理はないですよね。
確かにインプラント治療には、危険な場合や将来の良くない結果が起こる可能性があるのは事実です。しかし、同時に素晴らしい夢の治療でもあるのです。
雑誌やテレビで取り上げられた部分を見聞きして、不安になるのではなく、まずは知っていただきたいと思います。不安というのは、先が見えない、どうなるかわからない、から不安になるので、知るだけで随分感覚が変化するようです。

インプラント治療は痛い?

電動麻酔

しっかり麻酔を行うことで痛みをコントロールできます

インプラント手術では、歯肉の下にある骨に穴をあけて、人工の歯根を入れます。
その際、その他の治療と同じく、麻酔を行いますので、基本的には痛みを感じることは少ないと言えます。
「少ない」というのは、例えば歯を抜くとき、歯を削るときに麻酔をして、麻酔が効きづらいとか切れてきた経験があるかと思いますが、それと同じことです。
もちろん、その場合は麻酔を追加することで対処します。
そして、術後の痛みに関しては、それぞれの状況で異なります。翌日にはケロッとしている方もいれば、数日腫れと痛みが生じる方もいらっしゃいます。こちらは痛み止めを使ってコントロールしていただくことになります。
どちらにしろ、術中、術後の痛みに関しては、歯を抜く時と同じくらいとお考えいただけたらと思います。

自分の骨に穴をあけるなんて、怖い!

インプラントを埋める?

骨に穴をあけるなんて?!

「骨に穴を開けて、人工の歯根を入れる」
そう聞いただけで、何となく怖いですよね。
でも、実際のところどうなんでしょうか?
実はボロボロになった歯を抜く時の方が大変だったりします。なぜなら、そんな歯は細菌だらけで、場合によっては骨と癒着しているケースもあります。そんな時は骨を削ることもあり、インプラントより危険とも言えるのです。
もちろん、インプラントでも難しいケースでは侵襲が大きくなります。どんな場合が危険で、何が問題なのかご説明しましょう。

インプラント治療の危険性

実際のインプラント治療で問題になること、気をつけるべきことを知ることで不安の原因を探っていきましょう。

何が問題なのか?

インプラント治療の問題は「異物を生体内に加える」というところです。つまり、免疫と細菌感染の問題と解剖学の問題があります。
そして、それは手術時、術後すぐ、術後数年後の3つの段階で問題となります。

細菌感染

術中、術後の細菌感染はインプラントの失敗を招きます。さらには全身的な菌血症を招く恐れもあります。だからこそ、手術には普通の治療よりも感染予防対策を徹底しています。術後も抗生剤を飲んでもらったり、消毒に通ってもらったりと、細心の注意を払います。
術後数年後の細菌感染は天然歯の歯周病と同じで、インプラントの周囲が不潔だったことにより、周りの骨が吸収されます。これをインプラント周囲炎といい、腫れたり、膿が出たり、最悪インプラントを除去しないといけなくなる場合もあります。

解剖学の話
CTレントゲン

CTにより立体的に確認できます

これは主に手術中の問題です。雑誌やテレビで報道されたインプラント治療の死亡例はこの解剖学的な問題からなります。つまり、穴をあける際にドリルが骨の外に突き出して大事な血管や神経を傷つけたケースです。
これは、CTを撮影して確認し、さらにサージカルガイド(ドリルの方向を決める器具)を使うことで避けることができます。

インプラント治療の失敗

インプラント治療の失敗というのは、以下の3つがあります。
1)術中の失敗
2)術後の失敗
3)術後3ヶ月後の失敗
それぞれご説明いたしますね。

術中の失敗

術前にCTなどである程度状況は把握できますが、実際の状況は手術を行って初めてわかるものです。
かなり難しいケースの場合は、手技が1mmズレたら残念ながらインプラントを出来なくなるケースもあります。
ただし、現在ではCTとサージカルガイドという装置を使うことで、そういうケースも激減しました。

術後の失敗

残念ながら、術後に傷が細菌感染を起こしてインプラントがくっつかない場合があります。
これは、術前に口腔内の細菌のコントロールが出来てなかった場合や、糖尿病などの感染しやすり全身疾患、術後に抗生物質を飲まなかった場合など術後の感染対策が不十分だった場合に起こります。
逆に言えば、口腔内が清潔で、身体が健康で、術後のルールをちゃんと守れば問題は起こりません。

術後3ヶ月後の失敗

なんらかの問題でインプラントが3ヶ月経っても骨にくっつかないケースがあります。
免疫の問題や骨の再生の問題だと思われますが、インプラントの種類や大きさを変えて埋め直すことにより上手くことがほとんどです。

インプラント手術が難しいケースとは

インプラントは骨に埋めるわけですから、骨の状態によって難易度が変わります。
インプラントの大きさは太さが3~6mm、長さが6~13mmくらいです。
つまり、インプラントを埋めるために骨の厚みがない場合と骨の高さがない場合などが手術が難しいケースです。
その場合、骨を人工的に作る特殊な方法を用いて手術を行うことになります。
例えば、サイナスリフト、ソケットリフト、リッジオーギュメントなどと呼ばれる方法です。

治療期間について

基本的にインプラントが骨にくっつくのに3~6ヶ月かかります。
その期間とインプラントの上部に人工の歯を作る期間が治療期間になります。
ですから、大体4~8ヶ月ということになります。
ただし、骨の状態が悪く、骨を人工的に作るケースでは、さらに半年以上必要になることがあります。
これは、人工の骨が自分の骨に置き換わるための期間です。

治療費について

インプラント治療は保険医療の対象外ですので、比較的高額に感じられると思います。
しかし、使用する頻度や効果から考えれば、いかがでしょうか?
毎日の食事の満足・不満を左右し、場合によってはあなたの健康を左右するモノと考えると、自動車など高価なモノに比べてどちらが価値が高いでしょうか?

もちろん、一般的に高額なモノというのは間違いありません。
ですから、長く使っていくものとして、クレジットや分割払いにも対応しています。
お支払いに関しては、ご相談ください。

PAGE TOP