歯周病と誤嚥性肺炎の関係

たまに唾液が気管に入ってむせてしまうという経験をされたことがあるのではないでしょうか?
そのように間違って気管に入った唾液中の細菌などが肺に感染して起こる肺炎のことを「誤嚥性肺炎」と呼びます。
特に、要介護の高齢者などは飲み込む力や咳反射が低下しているため、唾液や食物すらも気管に入りやすく誤嚥を起こしてしまいます。
さらには高齢者では免疫力も低下していることが考えられ、結果、誤嚥が原因で感染性の肺炎を起こすと考えられています。
実際、誤嚥性肺炎と考えられる患者さんから歯周病原性細菌が見つかってます。
逆に、高齢者に口腔ケアを行い、歯周病原性細菌等の口内細菌が減少することで肺炎の発症率が下がることもわかっています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP