歯の矯正治療は子供のうちに!

子供の矯正ー咬合育成
最近、子供の歯並びがよくないとよく言われます。
確かに検診などで多くの子供たちを見てみるとほとんどの子が
ちゃんと並びそうにありません。
そしてテレビなどでもかみ合わせの重要さが議論されるようになり、
ますます歯並びを整える必要性が浸透してきているようです。
では、いつ治せばいいのでしょうか?
歯並びを正しく治すことを考えるとき、
歯が生え換わり、顎が成長する時期は、歯を抜くことなくキレイで機能的な歯並びを得るチャンスです。
この時期をうまく使わないと、成長が終わってからでは残念ながら歯を抜かないと並ばない場合が非常に多くなります。
つまり、身体に合ったキレイな歯並びを手に入れるためには子供の間に治療する必要があるわけです。
そして、”身体に合った”ということを考えた場合、歯だけを見ていてはいけません。
私どもは咬合育成研究会の考えのもとに、歯のみではなく、
周囲の筋肉を含めてバランスのとれた歯並び・かみ合わせを育成することをすすめています。
具体的には、
① 哺乳、離乳の進め方を含む食事指導
② 座り方、正しい食事の仕方、姿勢を含む生活習慣指導
③ 筋機能訓練(MFT)
④ 混合歯列期(乳歯と永久歯が混ざった状態)矯正
⑤ 永久歯列期矯正
という内容で”よいかみ合わせ”を育てていくのです。
 当医院では無料矯正相談(診療時間外になります)を行っております。
子供さんの歯並びで気になることがありましたら、ご相談ください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP