予防のためのインプラント治療

歯を失ったら・・・

インプラント治療はもともと歯をすべて失われたケースに持ち込まれたものです。
しかし、今ではインプラント単体で咬合力を受けることができるまで発展してきました。
ですから、インプラントの役割として、噛むという機能を回復することに加え、他の歯を失わないように守る役割を持つようになりました。
そのため、当院は予防歯科の考え方として、後者の役割も大切にしています。

残っている歯を守るインプラント

たとえば、一番奥の歯を失った場合。役割でいえば、一番奥の歯はかみ合わせを支持する役割であり、その手前の歯は食べるという機能時に最も働く役割があります。
ということは一番奥の歯を失うとその手前の歯は両方の役割をこなさないといけなくなるわけです。
もうお分かりですね。
その歯も失う可能性が高くなっていくわけです。
もっというと、その場合、おそらくは一番奥の歯を失った原因は取り除かれていない可能性があるわけです。
その悪循環を止めるためにインプラントを利用することは予防の意味で大切なことがお分かりいただけるでしょうか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP